ワクワクメールの年齢確認、理由と方法を徹底解説!

 

 

ワクワクメールは無料登録後に、全員が年齢確認を行う必要があります。
この年齢確認を行わなければ、ワクワクメールの殆どの機能を使う事は出来ないままです。

 

今回はなぜ年齢確認が必要なのか、どのように行うのかを解説します。

 

年齢確認を行う理由なのですが、法律で必須と決められているからです。
国内の出会い系は利用者全員に対して、年齢確認を行う事が義務化されている訳です。

 

ですから、ワクワクメール以外の出会い系でも年齢確認が求められます。
他の出会い系にしようと思っても、不可避なんですね(笑)

 

お酒や煙草の場合の年齢条件は20歳、成人ですよね。
出会い系の場合は年齢条件が、これらとは異なります。

 

出会い系の年齢基準は、満18歳です。

 

年齢確認が導入された背景ですが、18歳未満が起こすトラブルが多発したからです。
今もツイッターで不適切な投稿をするように、18歳未満は軽い気持ちで行動することが多いです。
その結果、出会い系でもトラブルが増えましたので、使えないように年齢確認するように法律ができました。

 

男性の場合、18歳未満と知り合うと何かと面倒なご時世です。
安心して使うためにも、年齢確認があるというのは大事なんですね。

 

この年齢確認は、出会い系を選ぶ際の一つの基準にもなります。

 

悪質な出会い系は、会員を集めるために年齢確認を行いません。
法律違反ですし、使ってもロクな結果にならないのでご注意を。

 

どのように年齢確認をするのか

 

ワクワクメールに限らず、大手の出会い系での年齢確認の方法は2通り用意されていることが多いです。

 

  • 公的書類での証明
  • クレジットカードでの証明

 

いずれかの方法を選択して、満18歳であることを証明することになります。

 

公的書類というのは、免許証や保険証、パスポートの事です。
これらには生年月日が記載されていますので、それを写真で撮影してワクワクメールに送ることになります。

 

免許証とかバリバリ個人情報の塊なので、出会い系に送るなんて怖いと思われるかもしれません。
悪用されたりとか、心配される方もいると思います。

 

ですが、ワクワクメールなどの大手の場合には心配ご無用です。

 

 

 

見ての通り、個人に繋がる殆どの情報は伏せることが可能だからです。

 

免許証を例でいうならば...

 

  • 氏名
  • 住所
  • 顔写真

 

これらは紙などで隠してしまって良いのです。
年齢が問題ないかだけ必要なので、細かい情報は不要なんですね。

 

運営側も、年齢確認後には情報を適切な方法で破棄しています。

 

ベネッセの流出の件もそうですが、個人情報の漏えいには厳しい時代です。
なので、サイト側も保管せずに直ちに破棄しているのです。

 

送付してから15分程度もあれば、年齢確認が終了します。
有料会員の男性は特典ポイントも付与されるので、登録後は必ず年齢確認を行うようにしてくださいね。